行事ごとの貸衣装

結婚式

結婚式

結婚式、披露宴の服装には結婚式にふさわしい格と祝いの場にふさわしい華やかさが求められます。結婚式、披露宴での新郎新婦の服装は男性が和服なら女性も和服、男性が洋服なら女性も洋服で揃えます。男性の和装は、五つ紋付羽織袴を着て足袋と草履を履きます。洋装はモーニングコート、お色直しにはタキシードがあります。女性の和装は、白無垢や色打掛があり、洋装はウェディングドレスです。お色直しのドレスは準礼装扱いになります。

お宮参り

お宮詣り

お宮詣り(参り)とは、その土地の守り神に赤ちゃんの誕生の感謝をし、健やかな成長願う行事です。もともとは赤ちゃん、両親、父方の祖母の四人でお詣りするものでしたが、ライフスタイルの変化により最近では両親と赤ちゃんの三人でお詣りするケースこともあります。お宮詣りの日程も一般的には生後31、32日(男の子)生後32、33日(女の子)と言われていますが、赤ちゃんとお母さんの体調と天気の様子を見て柔軟に決めましょう。

七五三

七五三

七五三は、子供の健康を祝うとともにこれからの健やかな成長と幸せを祈る儀式です。もともとは11月15日に行われていましたが、最近では15日にこだわらずその前後の土日に行われるようになっています。三歳のお祝いは「髪置の儀(かみおきのぎ)」、五歳のお祝いは「袴着の儀(はかまぎのぎ)」、七歳のお祝いは「帯解きの儀(おびときのぎ)」と言います。

成人式

成人式

日本での成人式の歴史は短く、1946年から始まりました。戦後の厳しい社会情勢の中、成年式と呼ばれた企画は瞬く間に全国に広まり、これが元となり「成人の日」が制定されました。特に女性は着物、ショール、バッグにと用意するものがたくさん。気に入った着物を見つけるためにも、レンタルする人は一年前から動き出しても早くないほどです。女性の和装は振袖、男性は羽織袴です。

卒業式

卒業式

卒業式は大きく分けて3種類の服装があります。一つ目は振袖や袴などの和装。振袖を着て華やかに決めるのも良し、袴を加えてシャープな見た目になるのも良し。着物と袴の組み合わせは、同系色でまとめると大人の雰囲気が生まれ、袴と着物でコントラストを作ると華やかさが出ます。二つ目はドレスやワンピースなどの洋装。卒業式では立ち座りが多いので、丈の短いものや裾がふわっとし過ぎているものは選ばない方が無難です。三つ目はスーツ。シンプルなスーツですが、着こなしを一工夫しオシャレに参列する方が多いようです。

冠婚葬祭

冠婚葬祭

大切な方の冠婚葬祭へのご参席、ご参列には折り目正しい服装で出席したいもの。一口に礼服と言っても、「和装・洋装」「正礼装・略礼装」また「季節」など様々ななものがあります。ご参席・ご参列されるシーンに合わせたご提案をいたします。